事故だけじゃない!車のトラブル大百科

カーライフの基礎知識やトラブル解決策を徹底解説!

改正道路交通法

駐車監視員には逆らうな!駐車監視員による違法駐車の取り締まりの実態

投稿日:

違法駐車に対する110番通報の件数が年々増加しているにもかかわらず、取り締まりの件数は減少しています。

その状態を解消するため、2006年から違法駐車の取り締まりを民間に委託することになり、駐車監視員という資格を持つ人が取り締まりを行うことになりました。

民間の業者に委託することで、違法駐車の取り締まりはどのように変わったのか、駐車監視員とはどういう仕事で、勤務実態はどうなっているのでしょうか。

ネットで検索すると、「クズ」「死ね」など穏やかではないワードも出てくる駐車監視員の実情を見て行きましょう。

違法駐車を取り締まる警察官が足りない

違法駐車の取り締まりの件数が減少しているのは、警察官が不足していることが大きな原因です。

悪質かつ凶悪な犯罪の捜査に警察官を振り向けなければならず、違法駐車を取り締まる警察官が足りなくなってしまったのです。

そこで、違法駐車の取り締まりを民間の業者に委託する方法が考えられ、駐車監視員という資格を持つ人が違法駐車の確認を行うことになったのです。

駐車監視員という資格と取り締まりの方法


駐車監視員は、都道府県の警察で2日間(14時間)の講習を受け、試験を受けて合格した人に資格が与えられます。

試験はマークシート方式で、それほど難しい試験ではないようです。

資格を取っただけでは駐車監視員の仕事はできず、違法駐車の取り締まりを委託された民間の警備会社に採用された人が、駐車監視員になることができます。

駐車監視員の取り締まりは、実際は放置駐車をしている違反車両の確認と車両に標章の取付けを行ったり、デジタルカメラで違反の状況を撮影したりすることです。反則切符の作成は、警察官が行います。

駐車監視員に逆らってはいけない理由

駐車監視員は交差点や横断歩道など、本当に迷惑度が高い場所での違法駐車を取り締まらず、摘発しやすい場所で摘発しやすいクルマを狙っている、2回のタイヤチェックを行わないで見つけ次第標章を貼るなど、取り締まりの方法がドライバーの大きな不満になっているようです。

ネット上では、駐車監視員は制服の色から「ミドリムシ」という異名があることからも、ドライバーの不満が現れています。

駐車監視員に対して罵声を浴びせる、または暴力行為に及ぶドライバーもいるようですが、駐車監視員は「みなし公務員」という身分であり、公務員としての採用でなくても公務員の扱いなので、手を出してしまうと公務執行妨害で逮捕されてしまいます。

見逃してもらおうと金品を渡すと、贈収賄罪に問われます。標章を貼られた場合は、素直に従うことが賢明です。

まとめ

駐車監視員は「みなし公務員」なので、手を出したり罵声を浴びせたりすることは、公務執行妨害に問われるだけで何のトクにもなりません。

都市部や繁華街の駐車場の不足は深刻な問題ではありますが、だからといって駐車してはいけない場所に駐車してよいという理由にはなりません。違法駐車は絶対にしないことです。

-改正道路交通法
-, ,

Copyright© 事故だけじゃない!車のトラブル大百科 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.