事故だけじゃない!車のトラブル大百科

カーライフの基礎知識やトラブル解決策を徹底解説!

車のトラブル解決法

エンジンルームの異音!不安なるカタカタやカラカラの原因と最善の対応策

更新日:

運転していて、エンジンルーム突然異音が聞こえたら、不気味ですね。

軽微な故障ならともかく、怖いのは致命的なトラブルの前触れかもしれません。エンジンは車の心臓部なので、放置は危険です。

大きな音ならすぐ車を停めなければいけませんが、何となく「変だな」という音なら、状況を確認し、点検してもらいましょう。

異音の種類によって、想定されるトラブルと、必要な対応を覚えておきましょう。

エンジンルームからの異音は最悪走行不能に!

エンジンルームから聞こえる異音は、部品と部品の摩擦による金属的な音や、ベルトやゴムが滑るような音、エンジン内部や周辺の液体が何らかの作用を受けている音、点火系の異常からくる爆発的な音に分類されます。

金属がぶつかるような異音は、冷却系や潤滑装置の異常によるオーバーヒートの前触れで、オーバーヒートは最悪の場合走行不能になり、エンジンを取り換える必要もあるので、すぐに点検してもらいましょう。

キューキューという異音

キューキューという異音が聞こえてきたら、ベルトが滑っています。

ベルトのひび割れや、張り具合をみて交換しましょう。

ファンベルトなら、それほど大きなダメージではなく、数万円程度で済みますが、タイミングベルトだと最悪、走行不能に陥ります。

カラカラという異音

オイル交換を1万キロ以上しないと、カラカラという異音が出ることが多いです。

オイルの劣化で潤滑の役目を果たせなくなって、摩擦が大きくなって金属をすり減らし、カラカラという異音を発します。

カラカラという異音の原因は、オイルメンテナンスで解決します。

▼エンジンオイルの交換の目安について詳しく解説しています。

【エンジンオイル交換の目安】サボると大損!?適切なタイミングを解説

エンジンオイルは大切で、定期的な交換が必要とはわかっていても、実際にエンジンオイルの果たす役割と、定期的に交換が必要な理由は、ほんとうのところよくわからない人、多いかもしれません。 エンジンオイルは、 ...

続きを見る

カチャカチャ、カタカタと金属的な異音

動力を伝えるシャフト、ギア、クラッチ、デフ、ステアリングなど、摩擦が起きて潤滑装置にトラブルが考えられる異音は、前方から聞こえてきます。

カチャカチャ異音がしたら、ラッシュアジャスターの不調です。オイルを交換して新品にすれば、音は小さくなるので、潤滑装置のトラブルからくる異音は、オイルを交換すればだいたい改善します。

カタカタという異音は、バルブクリアランスの自動調整機構のトラブルの可能性があります。オイル不足や劣化でスラッジがたまって、作動不良に陥るとバルブをたたくために異音がします。

放っておくと次第に音が大きくなり、最後はエンジンがダメになってしまいます。カタカタと異音が聞こえたら、プロに点検してもらいましょう。

金属がぶつかる異音の実例

金属的な異音ですが、実際にどんなトラブルが発生しているかは、細かく点検しないとわかりません。

6年落ち、8万キロ走った車の実例ですが、エンジンルームから、金属が当たり合う異音が聞こえてきました。減速して停車すると、異音が聞こえるのですが、なぜか走行中は気になりません。

タイミングベルトは新品に交換して、エアコンベルトも異常がありません。

ベルトのテンショナーから音が出ているか、ベルトに何かが擦れているトラブルの可能性があります。走行中はエンジンの音で、異音がかき消されてしまったのです。

シュルシュルという異音

エンジンからシュルシュルと異音がして、セミが鳴くような音にも聞こえた実例です。

回転数を上げると、シュルシュルという異音は消えました。ボンネットを開けると、ファンベルトのゆるみもありません。

ベルトの劣化や硬化によって、ベルトが滑っている音でした。それなりの設備を持つディーラーか、整備工場で点検してもらいましょう。

カー用品店でもよいのですが、ディーラーや整備工場ほど専門性がないので、余計なものを売りつけられるかもしれません。

カリカリという異音

エンジンルームから、カリカリと異音が聞こえてきた実例です。

1000回転で異音が始まり。1000回転をキープすると異音は続いたままでした。

アクセルノックという現象が考えられます。

安売りのスタンドで、適合しないガソリンを入れると、カリカリという異音が出る可能性があります。

まとめ

エンジンルームから聞こえる異音は、簡単に解決するトラブルから、最悪はエンジンを取り換える致命的なトラブルまで様々ですが、希望的観測で考えてはいけません。

一時的に出費がかさむかもしれませんが、致命的なトラブルで大損害になっては、取り返しがつかなくなります。

エンジンは専門性の高いパーツなので、日頃の点検と、気になることがあれば早めにプロに点検してもらいましょう。

-車のトラブル解決法
-, ,

Copyright© 事故だけじゃない!車のトラブル大百科 , 2018 All Rights Reserved.