事故だけじゃない!車のトラブル大百科

カーライフの基礎知識やトラブル解決策を徹底解説!

車のトラブル解決法

【新車の走行距離】納車で100km超える!?納得できない時の対応術

投稿日:

待ちに待った新車の納車!早く乗りたくて、何日も前から待ちきれず、キーを受け取ってエンジンをかけようとしたら、オドメーターが見え、「100km」の数字。

新車なのにこんなに走っているって、変ですね。

オドメーターの数字が余りにも大きかったら、新古車を押し付けられた疑問がわいてきます。新車が納車されるときの走行距離は、業界特有の事情があるようです。

新車の走行距離をめぐる状況と、納得できないときの対応策を解説します。

新車は納車まで何km走るか?

一概にはいえませんが、メーカーは納車までの走行距離は10km程度と考えているようです。

筆者がE-PS13型シルビアに乗っていたとき、納車時の距離は11km、その次に乗ったキューブキュービックで22kmくらいでした。

22kmはシルビアの時より少し長いですが、疑問には思わず、「納車までこれくらい走るのか」と思っただけでした。

新車は納車前にどこを走る?

新車は、ラインから出ていきなりクレーンで運ばれるわけではありません。完成した車をラインから船や、キャリアカーに乗せるまでは自走するので、多少の走行距離が発生します。

ディーラーが人口密度の低いところにあると、取り寄せるまでかなりの距離を自走することもあり、オドメーターが80kmくらいになることもあります。

遠方の場合は特別ですが、ラインから出るとだいたい10~20kmは自走することになります。

ほかに、納車前に距離が増える事情

ディーラーに届いたあと、オプションの取り付けや、点検によって走行距離が増えることもあれば、一定の割合で抜き打ちの走行試験など、各種の抜き取り検査を行うことがあり、抜き取り検査を受けると距離が増えることがあります。

外車の場合、走行テストが厳しいのでさらに走行距離が増え、納車のときにベンツは50km、フェラーリは100kmも走ることがあるそうです。

納車のときの走行距離は0にならないか?

ラインから出たあと、納車場所へある程度自走するため、納車のときに走行距離が0であることは、不可能です。しかし、納車のときに走行距離が540kmもあると、新古車では?と疑問がわきます。

もう一つの例は、オドメーターが全く動いていないのでディーラーに確認すると、移動で30km自走したことを隠すために、回線を結ぶカプラーが故意に外されていました。

「本当に新車なのか!?」と受取りを拒否したくなりますね。こんなとき、どうしたらよいのでしょうか?

納車の走行距離がおかしいと思ったときの対策

自動車販売店は、「未登録の車」「製造から短期間経過した車」「必要最低限の走行しかしていない車」を納車しなければなりませんが、一方で新車の定義は、一度も登録されていないことであり、走行距離の問題ではありません。

しかし、納車のときに540kmも走っていれば、ディーラーは「テスト走行を繰り返した」と言い張るでしょう。

納得できなければ、中古車査定サイトに車種・年式・走行距離を打ち込み、20kmと540kmの価格差をディーラーに請求するのも一つの方法です。

オドメーターのカプラーを外していた場合は、30kmの距離はともかく、隠蔽しようとした行為は悪質なので、受取りを拒否するか、受取りに細かい条件をつけてはどうでしょうか。

納車場所を指定するときの注意

新車を買うとき、店頭納車が多いと思いますが、納車場所を店頭以外に指定する場合、走行距離のトラブルを避けるには、自走またはキャリアカーで納車されるのか、商談の時、または納車前に確認しておきましょう。

展示用の車が納車!本当に新車ですか!?

実例ですが、ディーラーに在庫がなく、展示用の車が納車されることになりました。

納車のスケジュールは予定より早まりましたが、展示車を新車と偽って納車されることはないのか、疑問がわいてきます。

結論は展示用の車も新車で、心配ありません。

展示用のために車をつくることはなく、売れ筋の車の展示車を納車すると、他の客に見せる車がなくなるので、展示車を納車することは稀です。

まとめ

  • 納車のときの距離は、だいたい10~20km。
  • ディーラーが遠方の場合、80kmになることもある。
  • 外車は走行テストが厳しく、50~100kmのときもある。
  • 展示用の車が納車されても、新車なので問題ない。

納車の際、走行距離が大きすぎたら確認し、受け取り拒否か、点検のオイル交換を無料にしてもらう条件をつけるなど、対抗策を考えましょう。

-車のトラブル解決法
-, ,

Copyright© 事故だけじゃない!車のトラブル大百科 , 2018 All Rights Reserved.