事故だけじゃない!車のトラブル大百科

カーライフの基礎知識やトラブル解決策を徹底解説!

自動車保険の仕組み

車両保険は盗難ではダメ?!厳しすぎて唖然とする保険金支払いの実態

投稿日:

朝起きたら、車がない!「盗まれた・・・」

保険金が支払われると思っていたら、「今回は保険金のお支払いのケースに該当しません」という、保険会社からの信じられない言葉・・・

車が盗まれたとき、保険金が支払われる件数は、実は「嘘だろ!」と言いたいほど少ないのです。

あてにしていた車両保険が支払われないのを防ぐには、どんなことに気をつければよいでしょうか。車両保険の正しい知識を整理しておきましょう。

「天文学的」に少ない車が盗まれた保険金の支払い

2016(平成28)年3月に発表された、車の盗難認知件数と、車両保険が支払われた件数を公表した資料があります。

盗難認知件数:およそ1万4千台
車両保険での保険金の支払い件数:300台強

保険金が支払われたのは、たったの2%とは、信じられますか?

同時期の資料によると、全国で車両保険に入っている車の割合は40%強であることを考えると、保険金の払い渋りが起きているのか、車両保険に入っていない車ばかり盗まれたのでは?と思ってしまいますね。

車が盗まれたとき、保険金の支払いはハードルが高い

車が盗難に遭ったら、すぐに保険金が支払われると思っている方、実はハードルが非常に高いことを知っておいてください。

車両保険が支払われる基本的な条件は、偶然に発生した盗難であり、ドライバーに過失がないことです。

コンビニの駐車で、「すぐ買い物が終わるから」と、鍵をつけてエンジンをかけっぱなしで車を停めていて、盗難に遭ったとします。鍵をつけて車を離れた時点で、盗難に遭う必然性があり、どう考えてもドライバーに過失があります。

こんなことで保険金を支払うようでは、保険会社は相当保険料を高くしないとやっていられないので、保険会社は綿密かつ慎重に調査を行い、事故が起きてから1か月、あるいはそれ以上経ってから保険金の支払い手続きが始まります。

あなたの車両保険は盗難に対応していますか?

車が盗難に遭ったとき、自動的に保険金が支払われると考えている方、車両保険には種類があり、自分が入っている車両保険は盗難を補償するかどうか、確認してください。

車両保険には、次の3つのタイプがあります。

・一般
・エコノミー+A
・エコノミー

一般は、車同士で起きた事故や火災、台風や洪水による被害、イタズラによる損害、そして盗難など、あらゆる事故を補償します。

エコノミー+Aは、相手が確認できる車対車の事故などに限定しているので「限定A」という呼び方もありますが、火災・盗難も補償します。

エコノミーでは、どんな高級車でも盗難は補償されないので注意が必要です。
今、自分が入っている車両保険を確認してください。

保険金支払いのハードルが高いもう一つの理由

車が盗まれたときの車両保険の支払いが、目を疑うほど少ないのはもう一つ理由があります。

生命保険でも、保険金詐欺のニュースはよく聞きます。自動車事故も、保険金目当ての偽装事故を疑われることが多いのです。

人目がつきにくいところで盗難に遭った場合、駐車時の状況や、盗まれたとき周囲にどれくらいの人がいたかなどを詳しく調査しますが、目撃者がいない状況では盗難が発生した状況を確定することが困難で、保険会社は結果的に管理が悪かったので盗難されたと判断する可能性があります。

プリウスやハイエースなど、盗難の多い車も、すんなり保険金の支払いとはならないようです。盗難に遭いやすい車は盗まれる必然性が高い、即ち偶然の盗難ではないと判断されるようです。

では、車両保険は盗難に全く役に立たないのでしょうか?

保険金はどんなケースで支払われるか再確認しよう

保険の基本を考えてみましょう。失業保険は、万一仕事を失ったときの備えなので、「セーフティーネット」とも呼ばれています。

しかし、自動車保険や生命保険など、民間の保険業はセーフティーネットというより商売なので、盗難や事故が発生するリスクが高い状況では、保険金を支払いません。

車両保険では盗難が発生するリスクが低い状況をつくることが大切です。

最近の一般家庭や集合住宅の駐車場は、厳重な門扉を設置することが難しいですが、アラームを設置するなどできる範囲のセキュリティーを講じれば、「ここまで気をつけたのに・・・」と主張できるでしょう。

そして、どんなタイプの盗難が多発しているか、または多発し始めたかというニュースにもふだんから気をつけましょう。

まとめ

  • 車両保険は、一般または限定Aが盗難を補償する。
  • 偶然発生し、過失がないことが保険金の支払いの条件。
  • 保険会社は、偽装事故を疑う。
  • 盗難の多い車は、盗まれる必然性が高いと判断されるようだ。

民間の保険業は、結局は商売なので、盗難のリスクが低い状況を心がけるなど、保険の基本的な概念を再確認しましょう。

-自動車保険の仕組み
-, ,

Copyright© 事故だけじゃない!車のトラブル大百科 , 2018 All Rights Reserved.