事故だけじゃない!車のトラブル大百科

カーライフの基礎知識やトラブル解決策を徹底解説!

事故の対処法

事故率5倍の雨の日にドライブの達人になるちょっとしたコツ

投稿日:

事故率5倍の雨の日にドライブの達人になる

クルマの運転でもっとも注意が必要なのは、雨の日です。

雨の日には、交通事故は5倍に増加するといわれ、若葉マークのドライバーは特に怖さを感じるでしょう。

そんな雨の日のドライブも、ちょっとしたコツで事故を防止し、誰でもドライブの達人になることができます。

雨の日にも怖くないドライブ術をお教えします♪

雨の日に交通事故が増える理由

雨の日に、交通事故が多発する原因はいろいろあります。

雨の降り始めは、路面に付着したホコリが浮くため、スリップが起きやすくなります。

雨でフロントガラスやドアミラーに水滴がついて周囲が見えにくくなり、接触事故も増えます。

そこで、雨の日は早めにワイパーを動かしましょう。

夕方から夜にかけて雨が降り出したら、ライトを早めに点灯し、自分のクルマの存在を知らせましょう。

時間が経つと、水滴がこびりついてさらに見えにくくなるので、天気のよいときよりもスピードを控えましょう。

やまない雨で見えにくいとき、事故を防止する走り方

時間が経って雨の量が増えると、歩行者および対向車が見えにくくなって、右折のタイミングを誤って対向車と衝突したり、ドアミラーの水滴で右左折時に歩行者の発見が遅れて歩行者と接触したりと、事故のリスクがとても大きくなる状況です。

湿気でフロントガラスが曇ることも、前が見えにくくなる状況を更に悪化させます。曇りを防ぐため、エアコンを効果的に使いましょう。

右左折時に歩行者が見えにくいときは、スピードを落とし、窓を開けて歩行者がいないか、状況を直接目視するだけでも、事故の確率を減らすことができます。

雨が降る夜のドライブの達人になる!

雨が降る夜の運転は、免許を取りたての頃にはもっとも怖い状況です。

歩行者や自転車は、雨を避けようと周囲の状況を気にしないので、クルマなんて眼中にありません。

横断歩道や人通りの多いところは、「歩行者や自転車が急に出てくるかもしれない」という、危険予知に基づく運転を徹底し、極端ですが歩行者や自転車は信用しないつもりで運転しましょう。

雨の夜に怖いのが、グレア現象です。自車と対向車のヘッドライトが反射し合って、横断歩道を歩く歩行者が両方のヘッドライトの間に入ってしまい、発見が遅れてしまいます。

雨の夜は、何も考えずアクセルを踏むのはもってのほか。とにかくスピードを落としましょう。

免許を取りたての頃は、停止線や車線がわかりにくいですが、スピードを落としながら走っているうちに慣れます。

雨の日に事故を防止するクルマのメンテナンス

雨の日に事故を防止するクルマのメンテナンス

雨の日の運転で、怖い現象のひとつが、タイヤと轍の間に水が入るハイドロプレーニング現象です。

クルマがふわりと浮いた感覚になり、コントロールできなくなります。

ふだんからタイヤを十分に点検し、轍を踏まないほかに、車間距離を十分にとりましょう。

ワイパーのゴムが減ると、水滴を十分に除去しきれず、視界が悪くなります。ゴムが劣化したと思ったら、カー用品店で自分のクルマに合うワイパーを購入しましょう。

プロのドライバーでなくても簡単に替えられるので、日頃からゴムの状況を確認しましょう。

走り方に事故対応~雨の日のドライブの注意あれこれ

教習所で、水たまりを通るときは水をはねないようにと教わりましたね。

万一水をはねて、歩行者の衣服を汚しそのまま走り去ると、歩行者がナンバーを記録していれば足がついて、クリーニング代を請求されることがあります。

スピードを落として走っていれば、水たまりにすぐ気がつくので、水をはねないようにしましょう。

雨の日にもらい事故に遭った場合、クルマについた傷が水滴で見えにくくなり、発見できないことがあります。

傷が発見できないと事故扱いにならず、あとで再検証することはできないので、万一雨の日に事故を起こしたときは頭に入れておきましょう。

まとめ

・雨の日は早めにワイパーを動かし、視認性を確保する。
・雨が降り出したら、ライトを早めに点灯し、自分のクルマの存在を知らせる。
・曇りを防ぐため、エアコンを効果的に使う。
・スピードを落とし、車間距離を十分にとる。
・横断歩道や人通りの多い道では、歩行者や自転車に注意する。歩行者や自転車は信用しないつもりで、危険予知の運転に徹底する。
・ふだんからタイヤを点検する。雨の日には、轍は踏まない。
・ワイパーのゴムが劣化したら、すぐカー用品店へ!

-事故の対処法
-, ,

Copyright© 事故だけじゃない!車のトラブル大百科 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.