事故だけじゃない!車のトラブル大百科

カーライフの基礎知識やトラブル解決策を徹底解説!

事故の対処法

クルマを貸したら人を死なせた!クルマを他人に貸す前に知っておくべき知識

更新日:

クルマを他人に貸す前に知っておくべき知識

知り合いから「クルマを貸して」と頼まれることがあるかもしれません。ところが、クルマを他人に貸す行為には重大なリスクが潜んでいます。

軽微な物損事故ならともかく、クルマを貸した人が事故を起こして、被害者を死なせてしまう悲惨な事故が起きたとします。

持ち主にも、責任が及ぶのでしょうか?
責任があるなら、どれくらい重い責任を負うのでしょうか?

クルマを他人に貸すことで、持ち主が負う責任と、万一事故が起きた場合どのように賠償責任を負うのか、この機会に知っておきましょう。

他人にクルマを貸すことで発生する責任

クルマを他人に貸したら、貸した人が事故を起こした場合、普通に考えれば運転していた人が賠償責任を負うべきです。ところが、クルマの持ち主にも責任が及ぶのです。

クルマの持ち主には、「運行供用者責任」があります。持ち主は、クルマを所有することで利便性を受けているので、常に運行を支配しているという考え方があります。

持ち主はクルマの運行を支配しているので、他人にクルマを貸すときは「スピードを出し過ぎるな」など、事故に対する注意を与えて支配を及ぼすことができます。

他人が事故を起こすと、持ち主は管理責任を怠ったとみなされ、「所有者も損害賠償を負わなければならない(自動車損害賠償保障法第3条)」と定められています。

なぜ、持ち主に責任が及ぶのか?

なぜ、持ち主に責任が及ぶのか?

あくまでも、事故が起きたときには運転していた本人にまず賠償責任が生じますが、万一逃亡して責任をとる人がいない事態になれば、誰も納得できませんね。

事故を起こしたクルマが高級車、または高性能のスポーツカーなら、万一被害者に賠償する力がない場合、「そんなに高いクルマを買えるのなら」、持ち主に賠償を請求するのは自然な流れでしょう。

被害者を救済する観点から、持ち主にも賠償を請求できると考えられます。

盗まれたクルマで事故が起きたときは、誰の責任?

クルマが盗難に遭って、盗難車が事故を起こした場合は、一般的には持ち主に賠償責任はありません。

ただし、コンビニの駐車場などで「すぐ終わる買い物だから」と、キーをつけてエンジンをかけたままクルマを離れるというドライバーがいます。

その間にクルマを盗まれて、逃走中に事故を起こした場合は、どう考えてもドライバーが管理責任を怠ったとみなされるでしょう。

キーをつけたまま、クルマから離れてはいけません。

クルマを貸した人が事故を起こしたときの賠償はこうなる

クルマを貸す前に、貸す相手が任意保険に入っているかどうか確認し、加入していれば契約内容を確認しておきましょう。

単に「保険に入っているから大丈夫です」という一言を、うのみにするのは危険です。

クルマを貸す人の任意保険に、他車運転補償特約がついていれば、万一貸す人が事故を起こしても、その任意保険で補償が行われます。

注意が必要なのは、貸すクルマの保険が範囲(家族など)もしくは年齢を限定している場合、他車運転補償特約がついていても、範囲や年齢が条件に合わなければ補償の対象とはならず、クルマを貸してはいけません。

貸す相手が、クルマを持っていないなどの理由で任意保険に入っていなければ、コンビニで加入できる1日保険に加入してもらいましょう。

運行供用者責任はケガをさせた人の体に対する損害に及ぶので、物損事故の場合、運転していた人だけが責任を負います。

クルマを貸した人が駐車違反をした場合の反則金

クルマを貸した人の駐車違反で、持ち主に反則金の仮納付書が届くことがあります。

放置違反金といって、違反したドライバーが特定できない場合、クルマの持ち主に仮納付書が送られます。

持ち主が反則金を払っても、持ち主には違反点数は科されません。

クルマを貸した人に、あとで反則金を請求すればよい話ですが、半年の間に3回駐車違反をくり返すと、20日間クルマの使用が制限されるので、それほどだらしない人にはクルマを貸してはいけません。

まとめ

クルマは移動手段としてとても便利ですが、運転を誤れば凶器にもなるので、持ち主が運転するとき以外にも、重い管理責任が伴います。

他人にクルマを貸してはいけないと考えるべきです。やむを得ない事情でクルマを貸す場合、持ち主自身が責任を負う覚悟が必要です。

・クルマの持ち主には運行供用者責任があり、他人が運転した事故でも責任が伴う。
・クルマを貸す人の任意保険に他車運転補償特約がついていれば、その人が入っている任意保険で補償が行われる。
・持ち主のクルマの保険が家族限定などの場合、他車運転補償特約でも、条件に合わなければ補償の対象とはならない。
・貸す相手が任意保険に入っていなければ、1日保険に加入してもらう。
・貸した人の駐車違反の反則金が請求されることがある。一定期間駐車違反がくり返されるとクルマの使用が制限される。
・盗難車の場合、状況によっては持ち主の責任は免れない。
・物損事故の場合、運転していた人だけが責任を負う。

-事故の対処法
-, ,

Copyright© 事故だけじゃない!車のトラブル大百科 , 2018 All Rights Reserved.