事故だけじゃない!車のトラブル大百科

カーライフの基礎知識やトラブル解決策を徹底解説!

改正道路交通法

初心者ドライバーにもOK!「赤い悪魔」オービスを怒らせない簡単チェックポイント

投稿日:

オービスを怒らせない簡単チェックポイント

高速道路または一般道路に設置されている、スピード違反を取り締まるオービスが真っ赤に光った瞬間(機器によっては白く光る)、「ヤバっ!」

次の瞬間「どうしよう」と血の気が引き、初めてオービスを光らせたドライバーだったら「逮捕されるかも」とドキドキ…

オービスを光らせたことがないドライバーも、いつかは他人ごとでなくなるかも知れません。

オービスが設置されている道路は、実は簡単に知ることができます。

オービスは何キロオーバーで光るのか、光るとどうなってしまうのか、この機会にぜひ覚えておきましょう!

オービスが設置されている道路は簡単にわかる

オービスのある道路には、「自動速度取締機設置路線」などと書かれた看板があるので、誰でも事前にわかります。

この看板が設置されている道路を毎日通っているドライバーは、オービスに注意して通行します。

そこで、初めて通る一般道路や高速道路ではオービス設置を知らせる看板を見落とさないように注意しましょう。

他に注意が必要なケースは、高速道路に入るとき、オービス設置を知らせる看板とオービスがある地点の間の入口から入ると、看板に気づかないことがあります。

途中の入口から高速道路に入る場合は、オービス設置を考えて慎重に走りましょう。

オービスは時速何キロオーバーで光るのか?

オービスは時速何キロオーバーで光るのか?

オービスは、一般道路では制限速度を時速30キロ以上、高速道路では40キロ以上オーバー、即ち一発で免停となる速度で光る設定が多いとされています。

ただし、24キロオーバーで出頭命令がきた例もあれば、出頭したときに警察官から「35キロオーバーで設定している」と説明された例もあり、設置している警察によって異なるようで、一律に何キロオーバーで光るとはいえません。

オービスは、警察の内規では14キロ未満のオーバーは取り締まりの対象からはずしているようなので、14キロを超えない運転を目安にしましょう。

メーター読みと実際のスピードに差があるって知っていますか?

クルマは速度計の表示とくらべ、実際に出ているスピードは8~9パーセント程度低いといわれています。

8~9パーセントの差を考慮すると、時速60キロの一般道路ではメーター読みで約96キロ、制限速度が時速100キロの高速道路では、メーターの表示で約150キロ出ていると危ない!ことになります。

万一、取り締まりに納得がいかない場合に備えて、メーター読みの数値は覚えておいた方がよいですが、クルマのスピードはメーターの数値とは差があることも、あわせて頭に入れておきましょう。

オービスが光ったことに気づかないとどうなるか

オービスを光らせた経験のある人の話では、オービスが光った瞬間は絶対に気がつくと口をそろえて証言します。

オービスが本当に光ったか、微妙なときはどうでしょうか?

オービスを光らせた人たちは、オービスは判断に迷うほど微妙な光り方はしないと、口をそろえています。

そんなときは、他のクルマのヘッドライトなどが反射して、オービスの光と見分けがつかなくなったということが考えられます。

否定する気も起きないほどハッキリ写るオービスの画像

オービスによる取り締まりは、運転者とナンバープレートの両方を撮影してドライバーを特定します。今のオービスはデジタルで撮影するので、かなりハッキリした画像が撮影されます。

お恥ずかしい話ですが、筆者の弟がある高速道路を走っていて、57キロオーバーで一発免停を受けたことがあります。

出頭してオービスで撮影された写真を見せられ、「これは俺ではない」と否定する気も起きなかったと言っていました。

オービスの取り締まりから逃げる方法はあるか

オービスは赤外線のカメラなので、オービスから逃げるために、ナンバープレートを赤外線から遮断するカバーがカー用品店で売られていましたが、2016年の道交法改正で、ナンバープレートにかぶせるカバーは違反となりました。

運転者とナンバープレートを撮影するのなら、顔を隠すか、変装すれば大丈夫だろうと考える人がいますが、これも通用しないと考えましょう。

ナンバープレートから所有者が割り出されますから、クルマの所有者がその時に誰が運転していたと証言すれば、アウト!
顔を隠すと、かえって警察は本気になります。

わずかな手がかりを元に徹底的に調べ、その結果ニュースになって、普通のオービスの取り締まりよりも悲惨な末路が待っているでしょう。

まとめ

・警察は、14キロオーバーでは取り締まりの対象から外しているようなので、14キロを超えないスピードを目安に運転しよう。
・一般道路では30キロ、高速道路では40キロオーバーすると危ないが、警察によって光るスピードの設定は違う場合がある。
・クルマのスピードは、実際のスピードはメーター読みより8~9パーセントほど低いことも頭に入れておくとよい。
・オービスが光ったら、必ず気がつく。迷うような光り方はしない。
・オービスの画像は、否定する気も起きないほどハッキリ写る。
・ナンバープレートにカバーをかぶせると違反となる。顔を隠すとかえって警察は本気になり、悲惨な末路が待っている。

-改正道路交通法
-,

Copyright© 事故だけじゃない!車のトラブル大百科 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.