事故だけじゃない!車のトラブル大百科

カーライフの基礎知識やトラブル解決策を徹底解説!

改正道路交通法

待ち伏せの交通取り締まりを賢く避ける!今からできる警察に対抗する運転術

投稿日:

待ち伏せの交通取り締まり

クルマを運転していて、十字路、あるいはT字路を通りすぎたあと、突然後ろから「ナンバー○○の運転手さん、停止してください」というマイクの声が聞こえ、ナンバーは自分のクルマで、ルームミラーで後ろを見るとパトカーがピッタリついていてビックリ。

クルマを停めると、警察官が近づいてきて「一時停止の標識があるところは、徐行して通りすぎたらダメなんですよ」と違反切符を切られ、反則金の額を聞いて「トホホ」…

この取り締まりの方法に対して「卑怯だ」「なぜ先に注意してくれないのか」など、不満の声がネット上にあふれています。

こうした違反で、バカバカしい反則金を払わないための方法をお教えしましょう。

警察が警察庁長官の通達に違反している取り締まりの実態

前の文の状況は、実は筆者が一時停止違反をしたときです。

本来「予防または制止しないで、または隠れて取り締まりを行うことはしないよう留意すること」という文言があります。

「42.8.1」通達と呼ばれるもので、昭和42(1967)年8月1日に警察庁長官が通達したものです。

隠れたところで行うネズミ捕りや一時停止違反の取り締まりは、「42.8.1」通達違反が公然と行われていることになります。

ネット上で、取り締まりを受けたドライバーの「卑怯だ」「姑息」「反則金稼ぎ」という不満は、当然でしょう。

「42.8.1通達」は、2000年12月に廃止されたとされていますが、この取り締まりの実態を正当化するためかもしれません。

「通達違反」に対する警察の主張

警察は、「通達違反」の実態をどう考えているのでしょうか?

警察が見ていなければ違反する、見ていれば違反しない、それは問題だというのが警察の主張です。

軽微な違反状態が日常的にあふれていて、予防または制止するためには警察官の人員がとても足りないので、そうせざるを得ないという事情があるようです。

一方で、交通違反をすると反則金をとられて、これだけ損するのだということを知らしめる「見せしめ」として行っているという要素が強いともいえます。

現状の取り締まりは、反則金稼ぎという批判

現状の取り締まりは、反則金稼ぎという批判

取り締まりで罰金をとられて納得がいかず、「警察がノルマを設定し、警察の利益または、キャリア組の天下り先への上納金を納めるために、反則金稼ぎで待ち伏せの取り締まりを行っているのだ」という恨みがましいネット上の声もあります。

ノルマがあるかどうかは明らかにされていませんが、警察サイドの、「反則金は交通安全対策特別交付金として道路整備に活用しており、警察が内部留保として確保する利益でも上納金でもない」という主張があり、ネット上の批判は単なる恨み節のようです。

ドライバーも意識改革して、待ち伏せの取り締まりに対抗せよ

ネット上では、待ち伏せの取り締まりに対する非難がたくさん見られますが、ちょっと甘いのではないかとも思います。

教えてもらうことに慣れ、自分で危機を回避するという発想がなさすぎます。

高速道路に乗ったら、アクセルをひたすら踏んで前しか見ず、標識も見ないので、とんでもないスピードになってもお構いなし。

その結果、オービスを見逃し、合流車線やトラックの陰に潜む覆面パトカーに気付かず、「御用」。

一般道を走っていて、一時停止の標識に気づかないか、よく見ていないのも同じです。
これでは、警察の餌食になるだけです。

よいか悪いかはともかく、現状の警察の取り締まりが待ち伏せで行われているのですから、それに対応する方法を考える必要があります。

誤解のないように申し上げますが、筆者は警察に肩入れしているわけではありません。また、知人に警察の関係者もいません。あくまで筆者の客観的な考えです。

待ち伏せを賢く避ける運転術

待ち伏せを避けるには、アクセルを踏みっぱなしに運転するのではなく、周囲の状況を確認することが一番です。

前方をじっと見ているとかえって危ないので、目に飛び込んでくるものを確認していればよいのです。

その合間にルームミラーで後ろを見ると、パトカーがついてくることもわかります。

そうすれば一時停止の標識を見逃すことはないし、高速でトラックの陰にかくれているクラウンに、青い制服を着ている高速隊員がチラリと目に入るでしょう。

これを毎日続けていると、小さな変化が目に入ります。いつも走っている道に、オービスが設置されたなどの情報が得られます。

また、周囲の状況を確認していると、だんだんと速度計を見なくても何キロくらい出ているのか自然にわかってきます。

「スピードが出過ぎだな」とスピードを落とすことができ、また、クルマの調子を把握することにもつながります。

待ち伏せを避ける運転術は、変化の早いこの世の中を生き抜くサバイバル術にもつながるでしょう。

まとめ

・警察が待ち伏せで取り締まりを行っているのが現状である以上、ドライバーもそれに対抗するよう考えを変える必要がある。
・前方から目に入る情報を確認する習慣をつける。
・周囲の状況を確認する習慣をつけると、速度計を見なくてもクルマが何キロくらいで走っているのか自然にわかるようになり、スピード違反も回避できるほかに、クルマの調子を把握することにもつながる。

-改正道路交通法
-,

Copyright© 事故だけじゃない!車のトラブル大百科 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.