事故だけじゃない!車のトラブル大百科

カーライフの基礎知識やトラブル解決策を徹底解説!

改正道路交通法

放置駐車は必ず罰せられる!放置駐車の点数と反則金

投稿日:

「コインパーキングが満車なので、つい」「ちょっとの間だから…」という理由で、駐車禁止の場所にクルマを停めた経験があるドライバーは多いでしょう。

車線にはみ出した違法駐車は渋滞を引き起こすばかりか、事故の原因にもなります。

道路交通法の改正により、違法駐車の中でも特に罰則が厳しくなったのが、「放置駐車」です。放置駐車の取り締まりのポイントを解説します。

放置駐車の罰則はなぜ厳しくなったか

違法駐車でも特に取り締まりが難しかったのが「放置駐車」で、クルマをすぐに動かせないばかりか、クルマに誰もいないために違反したドライバーを特定することが難しく、結果として「やり得」がまかり通ることがありました。

道路交通法が改正され、放置駐車によりドライバーの特定ができない場合には、ドライバーではなく放置車両の所有者に対する罰則として、「放置違反金」を科すことになりました。

やり得はありえなくなった放置駐車

しかし警察官の人員には限りがあるので、警察が放置駐車を取り締まることは、大変な時間がかかります。

そこで放置駐車の取り締まりは、公安委員会に委託された民間の業者が、放置駐車されたクルマの確認並びにクルマに駐車違反のステッカーを貼るようになりました。

放置駐車の取り締まりを専門に行う業者なので、いつでも放置駐車の取り締まりが行えるようになったのです。

所有者に対して罰金が科され、レッカー移動されればレッカー代も払わなければいけません。

放置駐車をした「あなた」がクルマの所有者であれば、罰則から逃れることはできないのです。

まとめ

・放置駐車の罰金は18,000円
・違反点数は3
・レッカー移動が行われると、レッカー代も加算される。

-改正道路交通法
-, ,

Copyright© 事故だけじゃない!車のトラブル大百科 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.