事故だけじゃない!車のトラブル大百科

カーライフの基礎知識やトラブル解決策を徹底解説!

改正道路交通法

ドライバーと覆面パトカーの攻防戦!追尾式取り締まりに遭わないツボを教えます

更新日:

高速道路の追い越し車線を走っていたら、後のクルマの赤色灯が回転して「しまった…」と愕然とした経験のある方、いらっしゃるでしょう。

覆面パトカーによる追尾式の取り締まりは色々問題があるようで、調べれば調べるほど疑問が出てきます。

高速道路における追尾式取り締まりの現状と、理不尽な取り締まりに遭わないためのツボ、高速道路を走っているときの覆面パトカーの見分け方をお教えします。

覆面パトカーの追尾式取り締まり方法はどのように行うか

追尾式の取り締まりという方法は、追い越し車線を走る被疑車両と等しい間隔・速度を保ち追尾します。

パトカーには、ストップメーターと呼ばれる特殊な速度計が固定され、速度計に示された速度を被疑車両に示して検挙します。

覆面パトカーは左側の走行車線をゆっくり走り、右側の追い越し車線をガンガン飛ばしている車両が現れたら、狙いをつけて追尾を始めるようです。

追尾式取り締まりの理不尽な実態

色々調べてみると、追尾式の取り締まりの方法に関する疑問は「これでもか!」というくらい出てきます。

被疑車両と等しい間隔・速度を保って追尾し、「これだけの速度で走っていたので違反です」と告げるのですが、間隔は警察官の目視によって確かめています。

この方法では警察官の主観が入り、客観性に問題はないのかという疑問が浮かびます。

また、違反車両の後ろについた覆面パトカーは、被疑車両をあおったりパッシングしたりして、速度を上げるよう仕向けて検挙するケースもあり、でっち上げだと主張したくなりますね。

覆面パトカーも法律違反を疑われる実態

追尾式の取り締まりは、覆面パトカーも赤色灯を点灯して追尾します。高速道路の場合、少なくとも300メートルは追尾を行うルールがあります。

ところが、速度超過で検挙されたドライバーから「赤色灯が点灯していなかった」と指摘する実例があります。

高速道路を時速120キロで走行すると、300メートルを走るのに9秒はかかりますが、赤色灯が点灯していたのは3秒くらいだったというのです。
赤色灯を点灯して3秒で速度超過を計測するとは、相当な早業で、ちゃんと計測したのかますます納得がいかなくなります。

理不尽な取り締まりを阻止する方法

そこで、理不尽な取り締まりに反論できるように、クルマの後方にもドライブレコーダーを装着することが勧められています。

また、高速道路を走行中に覆面パトカーを見分ける方法を覚えておきましょう。

自分のクルマを追い抜く車両の中をよく見て、車内に青い制服を着た人が2人乗っていたら、それは覆面パトカーです。

また、周囲のクルマが揃ってスピードを落としたら、周囲に覆面パトカーがいる可能性があります。注意しましょう。

追尾されないための究極のツボ

理不尽な取り締まりは納得できませんが、そもそもは覆面パトカーにマークされるような走り方が問題です。

教習所で習った、キープレフトの原則を思い出しましょう。

追い越し車線を走り続けると、速度超過を問われなくても車両通行帯違反となり6,000円の反則金が科され、違反点数1点が加算されます。

ほかに注意が必要なケースは、追い越し車線から走行車線に戻るタイミングを逸するケースです。

筆者も経験がありますが、遅いクルマを追い越して走行車線に戻ろうとしたら、その前にも遅いクルマが走っていて、更に前に出ようとスピードを上げたことがありました。

これで追尾されたらバカらしいので、追い越しを始める前に前方の走行車線をよく確認し、空いているスペースに狙いをつけておきましょう。

まとめ

・追尾式は納得ができないケースが多いので、クルマの後方にもドライブレコーダーを装着しておく。
・そもそもは覆面パトカーにマークされる走り方が問題なので、追い越し車線を走り続けない。速度超過に問われなくても、車両通行帯違反となる。
・追い越し車線から走行車線に戻るタイミングを失わないよう、前方のスペースに狙いを定めておく。

-改正道路交通法
-, ,

Copyright© 事故だけじゃない!車のトラブル大百科 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.