事故だけじゃない!車のトラブル大百科

カーライフの基礎知識やトラブル解決策を徹底解説!

改正道路交通法

運転中のハンズフリー通話はOK?ダメ?正しい携帯電話の使い方!

更新日:

クルマを運転中に携帯電話を手に持って通話すると、罰則を受けてしまいます。

そこでハンズフリーのイヤホンや、クルマに装備されているブルートゥース(以下、Bluetoothと表記)を使えば、手に持つこともありません。

カー用品店で様々なアイテムが売られているのを見る機会は多いでしょう。

ところが、ハンズフリーを使って運転中に携帯電話で通話することは、全面的にOKというわけではないのです。

ハンズフリーやBluetoothを使用する場合の問題点と、正しい使い方を検証します。

ハンズフリーでも運転への影響は避けられない

運転中に携帯電話で通話すると、通話に気をとられて前方の状況に対する注意力が薄れ、片手で携帯電話を持つためにハンドル操作が不十分になり、危険性が大きくなります。

携帯電話で通話しながら、問題なさそうに運転しているドライバーを見かけることがありますが、科学的に検証すると、携帯電話を使いながら運転することは、運転を惰性で行っている状態なのです。

惰性で運転しているとは、安全に気を配っているとは言えないですね。

ハンズフリーは手に持って通話する必要はないため、安全性に問題はなさそうですが、実はハンズフリーを使っても、ブレーキを踏むのが遅れて空走時間が長くなり、事故を起こす危険性が高いということが実験で判明しているのです。

ハンズフリーの携帯電話での通話を条例で禁止している自治体もある

運転中に携帯電話を片手で持って通話する場合とは違い、ハンズフリーやBluetoothは片手で持ったり画面を注視したりすることはないので、罰則の対象にはなりません。

しかし、条例でハンズフリーでの通話を禁止している自治体があります。

▼実際に携帯を運転中に使用するとやばいです。

クルマを運転しながら携帯電話を使うと、罰則はこれだけ重い!改正道交法のポイント

携帯電話の爆発的な普及により、クルマを運転している時に携帯電話で通話している人を見かけることがあります。 クルマを運転している時に携帯電話を使うことは、道路交通法が改正されたことで罰則の対象となりまし ...

続きを見る

罰則の対象ではないのに、条例で禁止している自治体があるとは、どういうことなのでしょうか?

ハンズフリー通話を一部の自治体が禁止する根拠

ハンズフリーには、イヤホン式や据え置き式でスピーカーを通して通話するタイプがあります。

イヤホン式は、耳にイヤホンをさし込んで通話しますね。

イヤホン式で問題になるのは、イヤホンを耳にさすことで、周りの音が聞こえなくなる可能性があることです。

ipodやウォークマンなどの音楽プレーヤーを使い、ヘッドフォンで音楽を聴いて運転する行為は違法ですが、何故かはすぐわかりますね。

運転中に、後方からパトカーや救急車がサイレンを鳴らして接近してくることはよくあります。

また、苦い思いをした方も多いと思いますが、運転中に一時停止を怠った時などに、後方からパトカーに「ナンバー○○○○の運転手さん、左側に寄って停止してください」と呼ばれることがありますが、後方からのサイレンや、パトカーからの呼びかけが聞こえないとややこしいことになります。

一部の自治体が条例でハンズフリーの通話を禁止しているのは、運転中に音楽プレーヤーでヘッドフォンを使う行為を禁止することと整合をとっている面があります。

Bluetoothの無線操作なら大丈夫?

Bluetoothですが、筆者がBluetoothを装備しているクルマを購入したとき、ディーラーの営業マンは、運転しながら通話できると説明しましたが、違法という注意はしませんでした。

Bluetoothの無線操作でスピーカーを通して通話する場合、イヤホンを挿しているわけではないので、後方からのサイレンも聞こえます。

クルマの外からは通話しているかどうかわからず、現行犯として取り締まりようがないので違法としようがないこともあり、Bluetoothなら問題がなさそうに思えます。
ところが、そうとは言い切れないのです。

運転中のハンズフリーやBluetoothの正しい使い方

Bluetoothの無線操作で通話する場合も、込み入った話だと相手の意図を真剣に理解するには神経を使うので、運転に対する集中力は低下します。

また、携帯電話が普及すると、重要な用件を時と場合を選ばず伝えることができます。そのため、運転中に電話を受けた場合、メモをとる必要もあるでしょう。

ハンズフリーやBluetoothで運転中に電話を受けても、「かけ直します」と対応し、安全な場所にクルマを停めて通話を再開するのです。

この方法こと、いつでも電話を受けられ、かつ安全を守ることができる、携帯電話とハンズフリーの長所を生かした最も正しい使い方だと思います。

まとめ

  • ハンズフリーは条例で禁止している自治体がある。
  • Bluetoothでも運転に対する注意力が低下することは避けられない。
  • ハンズフリーやBluetoothがあっても、運転中に携帯電話が鳴った場合はかけ直すと対応し、安全な場所にクルマを停めて通話することが正しい使い方といえる。

よく一緒に読まれてる記事は?

ハラハラドキドキ…交通違反の反則金を払わないとどうなるか、知りたくありませんか?

交通違反の反則金をいつまでも払わないと、一体どうなると思いますか? 「そんな度胸はない。警察とモメたら大変だ!」という人は多いと思いますが、ちゃんと払いますという人でも、ずっと払わないでいるとどうなる ...

続きを見る

-改正道路交通法
-, ,

Copyright© 事故だけじゃない!車のトラブル大百科 , 2018 All Rights Reserved.