事故だけじゃない!車のトラブル大百科

カーライフの基礎知識やトラブル解決策を徹底解説!

改正道路交通法

クルマを運転しながら携帯電話を使うと、罰則はこれだけ重い!改正道交法のポイント

更新日:


携帯電話の爆発的な普及により、クルマを運転している時に携帯電話で通話している人を見かけることがあります。

クルマを運転している時に携帯電話を使うことは、道路交通法が改正されたことで罰則の対象となりました。

運転中に携帯電話を使用することは、どんな危険が潜んでいるのでしょうか?
携帯電話を使用すると、どのような処分が下されるのでしょうか?

改正された道路交通法のポイントを見て行きましょう。

携帯電話で通話しながら運転すると、操作が不安定になる

クルマを運転中に携帯電話で通話する行為は、どうしても片手でハンドルを操作することになります。

携帯電話の向こうの相手と通話していると、運転以外のことに気を取られてしまうため、前方の様子や周囲の状況に対する注意力が散漫になり、重大事故を引き起こす原因につながります。

このため運転中に携帯電話で通話することは、「特に危険な行為」とみなされ、罰則の対象とされることになりました。

クルマを運転中のメールは大丈夫?

クルマを運転中にメールを送受信したり、メールをチェックしたりすることは、通話と違って問題ないように思えますが、運転中のメールも通話と同様に罰則の対象となります。

運転中のメール送受信や、メールチェックを行うことは、携帯電話のディスプレイを注視し続けることになります。

クルマを運転中のメールは、法律で禁止されている「携帯電話の注視」に該当します。

警察庁の見解では、「注視」とは2秒以上見続けるとしています。運転中のメールは、どう考えても2秒未満で終わるとは考えられません。

そのため、危険な行為として罰則の対象となってしまいます。

助手席の同乗者と会話するのと変わりないという意見もありますが?


こうした意見は全くのナンセンスです。

助手席に座っている人と会話するのと違って、携帯電話を握りしめて耳に当てる時点で、まず集中力が途切れます。

周囲の状況に気を配りながら運転するだけでも神経を使いますが、通話することは相手の表情や言葉の真意を考えることで更に神経を使い、運転に対する集中力が極端に落ちることになります。

コンピューターの専門用語で「タイムシェアリングシステム」という言葉がありますが、この言葉の意味を、携帯電話を使いながら運転する行為に当てはめてみます。

通話しながらクルマを運転できるような気がしても、実際は携帯電話で通話している間は、惰性でクルマの運転を行っていることになり、そのため事故を起こす危険度が大きくなってしまうのです。

具体的にどれくらいの罰則が科されるのか?

車種によって、次の通り反則金が科されます。

普通自動車 6,000円

大型自動車 7,000円

原動機付自転車 5,000円

罰金刑となった場合、5万円以下、または3か月以下の懲役が科されます。

まとめ

携帯電話がスマートフォンに進化し、運転中に携帯電話を使う行為は、いわゆるガラケーを操作する以上に画面を注視することになります。

Bluetoothやイヤホンを使えば危険は減りますが、それでも運転に対する集中力が落ちるというデータがあります。通話している相手は、運転しているあなたの状況が見えません。

そのため、あなたが危険を回避するためにハンドルを切ろうとしている最中でも、電話の向こう側の相手は普通に話しかけてきます。

どうしても運転中に携帯電話を使う場合は、安全な場所にクルマを停めて使用するようにしましょう。

-改正道路交通法
-,

Copyright© 事故だけじゃない!車のトラブル大百科 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.